多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療

みなさんこんにちは!!

前回の記事に引き続き、ついに初めての不妊治療を開始しました!

まずは大切な病院探しですね。これが本当に難しい!!自宅から行きやすいことを前提に色々探しました。今の時代良くも悪くも沢山の情報で溢れているので、病院を決めるだけでも難しい。自分も病院に勤めてたことがあるのですけど、結局は行ってみて話してみて、先生との相性によるんですよね~。

ということで私も、インターネットで病院をみて通いやすく、助成金の対象にある病院を決めました。不妊治療はお金もかかるのに、保険適用になることがほとんどないので、もし治療が進んだ時に少しでも助けてもらえるものはないか考え地域のホームページをみてその中から選びました。

ちなみに私が選んだ病院は不妊治療専門の病院。なので待合で待っていても周りの人を見ながらこんなに悩んで病院に来ている人がいるんだな~と少し安心しながら名前が呼ばれるのを待っていました。

優しそうな看護師さんに名前を呼ばれいざ!先生も口コミとは全然違う。しっかりと話を聞いてくれる良さそうな普通のおじさんでした(笑)まずはこれまでの経緯を説明。先生から不妊治療のHOWTOを一通り早口で説明してもらい診察です。

あのウィーンと足の開く診察台は何回乗っても緊張しますね。エコーしてもらいながら多嚢胞性卵巣症候群特有の卵が沢山ある卵巣を見せてもらい、子宮の状態、子宮がんの検査も一緒にしてもらいました。その後は検尿、採血を行い今日の診察はおしまいです。

そして私は生理不順もあったので、まずは今日から生理を起こさせる薬の内服を開始しました!生理が来たらまた血液検査をするのできてねと。

今は仕事も辞めてゆっくりさせてもらっているからいいけど、これ仕事をしていたらそんなに都合よく休めないしどうするんだ??と改めて不妊治療には色々な問題がついて回ってくるな・・・と気持ちが沈みました。でもそんなことばっかり言ってられない!!!何にも変えられない赤ちゃんが欲しいという気持ちを持って頑張るぞと自分に喝を入れました!!

よし~頑張るぞ~(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました